プロコンとは?

「プロコン」とは,「プログラミングコンテスト」の略称の事です。

「プログラミングコンテスト」にも色々なコンテストがあるのですが,ここでは特に「全国高等専門学校プログラミングコンテスト」の事を指します。

「プロコン」と聞いて,「ロボコン(ロボットコンテスト)じゃなくて,プロコン?」と思われる方も多いかと思います。確かに,「ロボコン」の知名度に比べると劣るものかもしれません。しかし,1990年の第1回大会が京都で開催されて以来,毎年全国各地で開催されその技術とアイディアを競いあっています。

どんな部門があるの?

プログラミングを競い合うと言われても,ピンと来ないかと思います。

プロコンには,大きく分けて3つの部門があります。

  • 課題部門
  • 自由部門
  • 競技部門(第5回大会より設けられた)

それぞれ,以下の様な内容を行っています。

  • 課題部門(1チーム:2~5人)
    • 特徴
      1. テーマに沿った内容の作品を創る
      2. テーマが2年ごと変わる

例えば,今年と来年は「旅とコンピュータ」というテーマに沿った作品を創り上げます。

テーマにさえ沿っていれば良いので,今年の作品の中には「文学を旅する」という内容の作品も見られ,「テーマ」+「独創的なアイディア」が重要なのが課題部門であります。

  • 自由部門(1チーム:2~5人)
    • 特徴
      1. 参加者の自由な発想を元に作品を創る
      2. 分野を問わず自由な作品を創れる

自由だからこそ要求される,「柔軟な発想」,「柔軟な技術力」を活かして,「独創的」なシステムを創り上げることがポイントになります。

  • 競技部門(1チーム:2~3人)
    • 特徴
      1. ボードゲームの様なゲームを自動化されたプログラムで操作し,競い合う
      2. ゲームのルールは予め発表され,当日競い合う

競技部門は他の部門とは異なるスタイルで行われます。競技部門は毎年決められる「ゲーム」の様なものを,自分たちが作ったプログラムにより操作させ競い合います。人間が操作する様に柔軟でかつ,強いプログラムを作ることが重要になってきます。

プロコンの詳細については,以下の公式サイトをご覧ください。

全国高等専門学校プログラミングコンテスト – Official Site

長野高専のこれまでの実績

過去6年分の長野高専のプロコンでの実績です。ソースは一部「学園だより」からです。(同好会メンバー以外の実績も含まれています)


平成22年度 第21回プロコン(会場:高知県高知市)

  • 自由部門
    • 「Connect Beat!」
      • 参加学生: 4J 2名, 2S 1名, 1J 2名 結果:特別賞・企業賞(ブロードリーフ賞)
  • 競技部門
    • 「高専の治水基礎B」
      • 参加学生: 5S 1名, 5J 1名, 1E 1名 結果:3位

 


平成21年度 第20回プロコン(会場:千葉県木更津市

  • 課題部門
    •  予選通過
しかし,新型インフルエンザによる休校措置により,出場自粛。

平成20年度 第19回プロコン(会場:福島県いわき市

  • 課題部門
    • Space Flow
      • 結果:特別賞
  • 自由部門
    • もじくるメガネ
      • 結果:特別賞

平成19年度 第18回プロコン(会場:岡山県津山市)

  • 競技部門
    • 「石垣職人」
      • 参加学生:5S1名 3S1名 1J1名 結果:準決勝敗退

平成18年度 第17回プロコン(会場:茨城県ひたちなか市)

  • 課題部門
    • 「発掘!恐竜大辞典」
      • 参加学生:5年S科5名 結果:優秀賞(全国2位)
    • 「しゃぼん玉とばそ」
      • 参加学生:3年J科5名 結果:文部科学大臣賞&最優秀賞(全国1位)
  • 競技部門
    • 「Attack Chance ―そのマスを狙え!―」
      • 参加学生:4年S科3名 結果:2回戦敗退

平成17年度 第16回プロコン(会場:鳥取県米子市)

  • 課題部門
    • 「サウンドナビゲーター」
      • 参加学生:4年S科3名 結果:審査員特別賞(全国3位)
  • 自由部門
    • 「小学生のためのものづくり支援システム-ワクワク Work さん-」
      • 参加学生:5年S科3名 結果:敢闘賞(予選通過)
  • 競技部門
    • 「Heart Taker 28 ―魂の叫び―」
      • 参加学生:3年S科1名・2年J科2名 結果:1回戦敗退

平成16年度 第15回プロコン(会場:愛媛県新居浜市)

  • 課題部門
    • 「新聞配達管理支援システム必着仕事人」
      • 参加学生:5年J科5名 結果:優秀賞(全国2位)
  • 自由部門
    • 「Magic Animation System」
      • 参加学生:5年J科2名 結果:審査員特別賞(全国3位)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*