post

第21回プログラミングコンテストの結果

今年は,競技部門と自由部門が本戦に出場することが出来ました。課題部門も1チーム予選に応募したのですが,残念ながら予選落ちという結果に終わってしまいました。

本戦では競技部門,自由部門ともに上位入賞し,活躍して参りました。

競技部門 「高専の治水基礎B」
 第3位

自由部門 「Connect Beat!」
 特別賞・企業賞(ブロードリーフ賞)
概要:予選資料(PDF)

大会後の記念撮影

5年生2人,4年生2人,2年生1人,1年生3人というメンバーが本戦に参加し,低学年メンバーが多い中それぞれのチームが一丸となって力を合わせ,素晴らしい賞を頂いて来ました。

この場をお借りして,私たちを手厚くサポートしてくださった,伊藤先生,鈴木先生を始めとする諸先生方や応援していただいた先輩,同輩,後輩,会場を準備していただいた高知高専の皆さま,私たちを評価していただいたプロコン委員の先生方,そして多様な面で支えていただいた家族の皆さまにお礼を申し上げたいと思います。本当にありがとうございました。今後も皆さまの期待を裏切らぬよう,日々努力していく次第です。

(長野高専 第21回プロコン出場メンバー 一同)


競技部門・決勝戦(プロコン公式サイトより)

開発作業の様子(自由部門)

ブロックを製作中

いざ出陣


現地でも奮闘(自由部門)

シリアル通信がおかしい!?

ブースの様子(1日目)

内部構造(マスターブロック)
リズムブロックとトーンブロック